アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

NGO

世界で年間250万人が死産になるという現実

こんにちは、水野です。 日本では少子化が加速している傾向がありますが、世界中で年間250万人が死産になるという報告を国連人口基金(UNFPA)はおこなった。 原因はリプロダクティブ・ヘルス・サービスや自主的な家族計画へのアクセス不足のために妊婦も30…

ナイジェリアで食料支援のお米を販売して地方高官らを逮捕

こんにちは、水野です。 ナイジェリアのボルノー地域で外国支援者からの資金で購入した貧困者に配布するお米を盗み、転売した容疑で地方高官らを逮捕した。 allafrica.com 逮捕されたのはマファ地方政府地域の首席首相ウマル・イブラヒムと、同じ地方自治体…

南スーダン蜂蜜ビジネスは継続しないと意味がない

こんにちは、水野です。 今回南スーダンの蜂蜜を日本で輸入販売の記事を東京新聞が夕刊にて掲載していただき本当にありがたい限りです。 南スーダンにしてもマラウイにしても共通して言えることですが、やはり継続しないと意味がないなあと思います。NGOなど…

スーダンから南スーダンへの新しい道路が開通

スーダン政府は南スーダンと繋がる新たな道路を開通することを発表した。 allafrica.com スーダンのオベイドから南スーダンのベンティーウまでの約500キロの道のりです。それを1000トンの食料支援物資を30台から40台のトラックで1週間かけてスーダンから南ス…

国連はPKO(平和維持活動)において婦女暴行の被害が報告された部隊に対して給料削除などの処置を検討

こんにちは、水野です。 日本では南スーダンの自衛隊がPKOとして派遣されていることは報道で知っている方も多いと思いますが、その中で兵士が現地の女性達の婦女暴行の問題になっています。その報告からです。 国連が平和維持活動において、1999年から2016年…

WEショップ港南台店が閉店

こんにちは水野です。 17年続いたWEショップ港南台が閉店しました。WEショップとは 地域の市民から、誰かに着てもらいたい、使ってもらいたいと思う新品・中古の衣類や雑貨を寄付してもらい、値段をつけて販売するリユース・リサイクルショップです。神奈川…

多くの子ども食堂は失敗してしまう理由

こんにちは、水野です。 世の中を良くしたいということでNPO NGOを立ち上げるケースがあると思う。 この頃、この手の話題で旬なものは「子ども食堂」だとおもう。 このようなブログを見つけた medium.com この記事を書いてある方はとても「どうして失敗した…

南スーダン政府の外国人支援就労ビザの手数料1万ドルは共感できる

こんにちは、水野です。 南スーダン政府が外国人専門家ビザの発行手数料が100倍になったことに援助団体から非難があるというニュースを見た。 【ヨハネスブルク小泉大士】10万人が飢餓に苦しむ南スーダンの政府が外国人援助関係者に対して労働許可証の発給…

5歳児未満の死亡、6割がアフリカとアジア一部に集中している事実

こんにちは、水野です。 アフリカは急成長している国が多いということを耳にすることがありますが、まだまだ飢えや貧困で乳幼児の多くが亡くなる国も存在するのも事実です。 11月11日 AFP】昨年に5歳未満で死亡した世界の子ども590万人のうち、60%がアフリカ…

中国人が南アフリカでサイの密猟をアルジャジーラが伝える

水野です。 象の密猟がアフリカでは問題になっていますが、それと同様にサイの密猟が南アフリカで問題になっています。アルジャジーラの報道動画です。 youtu.be その報道に対して南アフリカの中国大使館が激怒してします。 www.excite.co.jp アフリカでは多…

アフリカの最貧国は蜂蜜を売れ!!

こんにちは、水野です。 アフリカの経済が低迷しているらしいです。 afri-quest.com 世界銀行は農業を進めているそうだ。私は、マラウイなどの最貧国を見ていて、農業するには土壌があまりよくない地域が多いし、海外に輸出できる高品質なものができるものは…

私は学生の個人的な質問に答えない理由

こんにちは、水野です。 私がマラウイハニーのビジネスをしていて、そのビジネスに関心を持ってくれている学生がいることを私は心から嬉しく思います。そして、大学生から「卒論でフェアトレードについて書きたいので情報をほしい」とか、販売中に「輸入手続…

フェアトレードのゴール設定

こんにちは、水野です。 自分はマラウイハニーというマラウイの貧しい農村から8年前にはちみつの輸入販売を始めました。当初は藁葺き屋根のみすぼらしい家がポツポツとある本当に貧しい村でした。去年、その村を訪問したときにはマラウイとして近代的な家が…

助成金に依存した団体は滅びる

こんにちは、水野です。 私はマラウイハニーを販売している関係で国際協力に興味がある学生さんと交わる機会があります。今では学生さんの間でNPOに就職するという選択肢があるのは驚きました。大手の国際的なNGOなどはわかりますが、中小のNGO NPOに就職す…

アフリカ マラウイの食料危機について

こんにちは、水野です。 マラウイで現在食料危機であり280万人が飢饉にあるという記事を見ました。 allafrica.com 私は9月マラウイを旅行して来て感じたのは、マラウイには結構食べ物が売られていて、とても美味しいという印象でした。この280万人の飢饉のこ…

日本人が知らない アフリカ マラウイにおけるNGOの貢献

こんにちは、水野です。 マラウイハニーを食べてみて、本当に完熟した蜂蜜でとても美味しい。 しかし、この養蜂の仕方を指導、教育した人たちがいます。 実はマラウイの養蜂技術に大きく貢献しているのがNGOの存在です。 マラウイにはかなり多くのNGOが活動…

マラウイハニーの戦略

こんにちは、水野です。 今は若い人たちは社会貢献のビジネスに興味がある人が多いらしく、私にも大学生が質問してきます。私がマラウイハニーを販売したのは7年前。当時もそれなりにアフリカから商材を輸入販売している企業がありました。でも多くは消えて…

アフリカの児童婚

こんにちは、水野です。 アフリカの最貧国には特に13歳位の女の子が40歳以上の男性と結婚するケースが伝統的にあります。カメルーンでは13歳の女の子が5000フラン(約8.5ドル)で強制結婚させられるのです。特に中央アフリカ地域では12-18歳で結婚させられる割…

マラウイハニーがフェアトレードマークを取得しない理由

こんにちは水野です。 マラウイハニーを売り始めて間もない頃、お客さんからフェアトレードマーク付いていますか?とよくきかれた。当時は売り始めて信用がない時代で、フェアトレードマークがあれば、信用してもらえると思い、取得方法を調べてみた。 そし…

アフリカ象を守れ

こんにちは、水野です。先日はライオンの記事でしたが、今日は象です。 マプトAFP=時事】モザンビークに生息する野生のゾウは、過去5年間で半数近くが、象牙を狙う密猟者らによって殺されたことが、26日に発表された米野生生物保全協会(WCS)の調査で分…

アフリカ ブルンジ難民に国連難民機関などが計画!?

今日、国連難民機関と17のパートナーと協力し、周辺国に散らばっているブルンジ難民20万人に支援するために、地域の難民対応計画を開始しました。 今月上旬以来、約10万ブルンジは政治的混乱、暴力や脅迫を逃げている、隣接ルワンダ、タンザニア、コンゴ民主…

フェアトレードビジネスが成功する為に最低限必要な事

こんにちは水野です。 フェアトレードのビジネスをする上で最低限必要な事は何でしょうか? JICAなどの専門家や青年海外協力隊などでは、現地の人たちと交渉するのに英語力の必要性を言う人がいます。もちろん、英語は必要だし、あればこしたことはないです。…

アフリカのケニア難民キャンプはテロリストの巣窟なのか?

こんにちは、水野です。社会貢献に関わっている人たちには本当にかんがえてもらいたい話題です。 4月14日、UNHCRは3ヶ月以内にダダーブ 難民キャンプを閉鎖し、35万人ものソマリア難民の帰還を要求するというケニア政府からの声明に対して再考を促した…

どんなに良い活動も継続しないと意味が無い

こんにちは、水野です。前のブログでマラウイハニービジネスとNGOとの違いについて書きましたが、アクセスが多く、多くの人の関心があるのかとおもいまして、特に小さなNGO団体について私の考えを書きたいと思います。 マラウイハニービジネスはNGOとどこが…

マラウイハニービジネスはNGOとどこがちがうのか?

こんにちは、水野です。 私は仕事柄よく、NGOと間違えられたり、JICAのスタッフと間違えられたりしていますが、私はマラウイハニーをビジネスとしてやっています。しかし、この3つのビジネスモデルは全くちがうので大雑把に簡単に説明します。 どの事業をす…