読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

アフリカ ケニア ウエストゲートモールが21ヶ月ぶりに7月に再開が決定

アフリカ ニュース ケニア

f:id:gotara:20150523073021j:plain

こんにちは、水野です。

2013年にテロの被害にあったウエストゲートモールが21ヶ月ぶりに7月に再開が決定した。

allafrica.com

わたしは、この場所を2014年に車で通ったことがある。シートに覆われていたので、外見は見る事はできなかったが、とても大きな建物で個人的な意見だがケニアの繁栄の1つの象徴なのではないかと思ったほどだ。

前にも書いたがケニアはソマリアとの紛争状態でテロがよく起こる。4月にはキリスト教主義の大学にテロリストが侵入し多くの学生が殺害された事件が起こったし、ナイロビに住んでいる日本の知人が「道をあるときは何が起こっていもいいように機敏に反応することが大切」とナイロビの道を歩くときに説明してくれた。

日本人の戦争のイメージは太平洋戦争で敵軍の飛行機が上空から爆弾を落とすという感じと思うだろうが、ここで感じる事は、いきなり爆弾が破裂したり、爆弾かかえて人間が人ごみに飛び込んで行くのが現代の戦争スタイルだ。だから、自分は一瞬にして命を落とすことがとても身近に感じるのだ。日本は中国や北朝鮮が攻めてくるといっても戦闘機が攻めて来る可能性もあると思うが、今の戦争スタイルはかなり変わっている事を政治家は理解して欲しい。