読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

アフリカ ブルンジ難民に国連難民機関などが計画!?

f:id:gotara:20150524095241j:plain

今日、国連難民機関と17のパートナーと協力し、周辺国に散らばっているブルンジ難民20万人に支援するために、地域の難民対応計画を開始しました。

今月上旬以来、約10万ブルンジは政治的混乱、暴力や脅迫を逃げている、隣接ルワンダ、タンザニア、コンゴ民主共和国に避難している。ブルンジの状況は緊迫したままであり、暴力が報告され続けるように、援助機関は、難民の数は今後6ヶ月間に倍増することを恐れています。

グテレスは、地域の難民対応計画をサポートするために、国際ドナー·コミュニティにオープンと呼ばれる国境を維持するために、近隣諸国を称賛しました。「当局とホストコミュニティは難民を歓迎し、それらをローカルリソースを共有することを可能にするのに非常に寛大であった。私は国際社会はこの寛大さに一致することを期待します」。

計画では、参加機関は、計画が検討される2015年9月まで、基本的な保護と支援活動のための2.07億ドルを訴えます。その資金で到着難民が登録され、文書化され、即座に健康診断を受け、食糧支援や、毛布、蚊帳、石鹸とプラスチックシートなどの基本的な救済アイテムを受け取ることになります。タンザニア、ルワンダでは、難民は彼らが避難所素材、国内のアイテムを受信し、基本的な保健·衛生サービスへのアクセスを持っています。サウス·キヴ、コンゴ民主共和国では、新着の多くは、内戦を逃げた長期滞在ブルンジ難民と避難所を見つけました。到着難民は最終的には、サイトに移動し、UNHCRとそのパートナーは、難民とホストコミュニティの両方の利益のためにローカルサービスと設備を強化していく予定です​​。

allafrica.com

 

今、ブルンジを逃げた難民に対する支援を世界は考えているそうです。このような時ほど日本がどのような支援ができるのか考えるべきだと思います。