読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

日本の支援でアフリカ ジンバブエの180,000平方キロメートルの地雷撤去

f:id:gotara:20150602002230j:plain

こんにちは、水野です。

ジンバブエの1970年代の解放戦争中にローデシア軍によって埋められた180 000平方キロメートル分の地雷の撤去に成功した。この地雷撤去は日本政府が約1,700万ドルが支援を行い実現したものです。ジンバブエは北部やモザンビークやザンビアの国境近くの村では今でも地雷が埋まっており、地域住民は不安な日々を過ごしている。

 

allafrica.com

 

日本政府の援助により地雷が撤去されたことはとても嬉しい事だと思います。なぜなら、子どもが学校へ通うときにも安心して歩いていくことができます。地雷は本当にどこにあるかわかりません。安全地域といえども地雷が埋まっている確立が低いだけでゼロではないのです。日本の企業の最新鋭の地雷鉄器用の車をテレビで見た事があります。そのような車が世界各地で活躍され地雷がなくなることを祈るばかりです。

このごろジンバブエの経済成長が目覚ましいみたいです。日本企業もこのチャンスを見逃してはいけないと思います。