読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

日本のクリスチャンは聖書の御言葉の奥深さを知らないのでは?

キリスト教 日常

こんにちは、水野です。

今日はもしかしたら、多くのクリスチャンに怒りを買う内容なのかと思いますが、

色々と考えることがあるので私の考えを書きたいと思います。

多くのクリスチャンは旧約新約聖書全巻を1年で何回読んでいるでしょうか?

よく、クリスチャンのfacebookファンページを見てみると、御言葉のフレーズを書いているケースを見ます。その御言葉だけを注目して、「ハレルヤ!!」とコメントしていますが、でも、この御言葉の本当の意味をその前後の意味も踏まえてツイートしているのかすこし疑問に持つ事があります。確かに神様の御言葉で私たちは力づけられ、聖霊様が働かれる事もあると思います。でも、一部のフレーズだけでは私の思いとしてはなんか御言葉を軽く見ているような感覚を思ってしまいます。

もちろん、これは水野の考えです。短い聖書の御言葉のフレーズを読んで励まされる人もいるとは思います。でも、私たちは聖書66巻を通読してそのなかでの御言葉のフレーズを神様から頂きたいと思うのです。聖書の御言葉は力ある言葉です。でも、聖書通読を通してより深く神様の力を受けて欲しいと思います。

教会にいけないクリスチャンも多くいる事でしょう。教会に行けなくても聖書を読む事は出来ると思います。

クリスチャンは聖書を通読しましょう!!

これはあくまで水野の考えであり、思いなのでひとりひとりが吟味してください。