読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

アフリカ ルワンダ カガメ氏が大統領期限を2034年まで延期

f:id:gotara:20151104221239p:plain

こんにちは、水野です。

ルワンダという国がアフリカにあります。

ルアンダ - Wikipedia

この国はカガメ氏が大統領をしていますが、期限が2017年までなのですが、憲法172条の改正によりカガメ氏が国会議員である限り2034年まで大統領にいる事ができるという法律を制定したそうです。

allafrica.com

アフリカの多くの国では大統領がとてつもない権限を持つ。そして、大統領が一度当選したら何十年とその権力がつづくことになるケースが多い。色々と理由があるが、権力闘争はとても激しいので大統領を追われたときにはその国を脱出して亡命のような感じになるか(マラウイのジョイスパンダ元大統領が南アフリカに亡命状態)刑務所に入れられて死ぬまでそこに過ごすか、暗殺など死を覚悟するかのいずれかの選択をするようになると思います。

特に開発途上国ではそのために一人の権力者が長い間そこに居続ける事は珍しい事ではありません。ですのでルアンダも独裁政権と欧米では非難されるでしょうが、それはしかたがないのではないかと思います。ただし、アフリカの権力者はクーデターなど永遠に続くとは限りませんが・・・・・

アフリカは今高度成長期であるので、一人の権力者が全体を支配するというシステムはとても効果があり、成長が早いです。でも、成長が止まり、日本のように成熟していく社会では絶対的な権力者が全体を管理する事はできるとは思いますが、かなり短命の運命ではないかと思います。

 

マラウイハニー120g

マラウイハニー120g