読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

広島 府中での万引きで高校推薦を得られないで自殺した生徒のもうひとつの見方

f:id:gotara:20160313144500j:plain

こんにちは、水野です。

新商品のことなどで結構多忙な生活をして久しぶりにブログを書きます。

今回気になった事件で、万引き調査書に書かれたお陰で高校の推薦を得られずに自殺した事件がありました。

 

www.yomiuri.co.jp

12日に卒業式があり、亡くなった男子生徒に卒業証書が父親に手渡されたそうだ。私も受験生を持った親としてとても気になった事件である。

実際この生徒は中一の時の万引きは別の生徒であり、誤認したまま、自殺した生徒の調査書に掲載したらしい。自殺した生徒は見に覚えがないわけで抗議したと思われたが教師はそのことに耳を傾けなかったのだろう。ネットでは担任教師の顔写真や名前が出て来ている。

ある新聞ではこの万引きのことは両親はしらなかったという記事もあった(いまはこの記事は削除されているが)

そこで思う事は、

この自殺した子と親との関係はどうであったか?

ということを私は見てしまう。私も決して子どもとの関係は良いかというと疑問符がつくが、でも、私は子どもが万引きしたということを聞いたなら担任や学年主任や校長に抗議をすることだろう。もし、たぶん万引きをしたのなら学校やら万引きした店やら、警察に調べにいくと思う。

でもこの自殺した生徒は両親にそのことを言えなかったとしたら親子との関係について、自分もうまくはない子育てを見て本当に考えてしまう。

自殺した生徒はもう帰ってこない、自殺した生徒の両親が不憫てならないが、もうすこし子どもとの関係性を考えることが大切に思った事件でした。

 

マラウイハニー120g

マラウイハニー120g