アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

海外に行くと〇〇中毒になりやすい私

こんにちは水野です。

海外に行くと、私はつい飲んでしまう飲み物があります。

それは

f:id:gotara:20170722194344j:image

コカ・コーラをたくさん飲んでしまうこと

コカ・コーラは世界にどこに滞在しても手に入る飲み物ではないかと思っています。

写真はチェリーコーラで味はドクターペッパです。

 

特に途上国に行くと飲み物は本当に苦労します。飲みなれないと、どうも調子が上がらないことが多く。飲みなれたものをたくさん飲んでしまう傾向があります。

 

その中でどこの国に行ってもあるのはコカ・コーラで、あの味は万国共通です。

そういえば、ホンジュラスでバナナのサイダーを飲みましたが、確かにバナナの味がしました。海外に出ると炭酸の世界は奥が深いと思わされます。

 

蜂蜜が 南スーダンに平和を促進する

     ↓

フェアトレード南スーダンのはちみつ

世界一危険な都市と言われる夜のサンペトロスーラ(動画あり)を歩いてみた

こんにちは、水野です。

世界一危険な都市といわれているのが

ホンジュラスにあるサンペトロスーラといわれています。

www.madameriri.com

今回私はセンペトロスーラに行くことができました。

そして、夜も歩いてみました。

夜歩こうとしたら、ホテルの人はiPhoneは持って行くと取られるし、下手すれば

殺されるのでiPhoneはホテルに置いて行けと言われました。

そのホテルの警備員は拳銃を持って警備をしています。

ですので、夜のサンペトロスーラは車で移動の時に動画を撮影したので

そのときのものを載せます

youtu.be

私が滞在したホテルは比較的富裕層の地域であったらしく、人は歩いていないけれど、それほど危険な感じはしませんでした。サンペトロスーラはバイクはあまりみかけず、ほとんどが車でした。2008年に滞在した南アフリカのヨハネスブルクの方が数倍怖かった感じです。

違いはヨハネスブルクの場合は信号機が赤でも車は無視してスピードを出して目的地まで行きましたが、サンペトロスーラはそんなことはなく、赤信号でも夜は止まるし、比較的のんびりした感じでした。

 

この街がなぜ危険かというとマラスという青少年凶悪犯罪集団が外国人を誘拐して金銭と要求したり、闘争で関係ない人が巻き込まれたりという原因があるみたいです。彼らが潜伏する地域があるらしいのでそこにいかなければ大丈夫であるように思いました。

しかし、私は車で夜の下町を通りましたが、真っ暗な中、これは怖いなあという感じがしたので、地域によると思います。でも襲撃はしてこなかったので良かったとは思いますが。

これだけは言えるけれど日本の道を歩いていると自動販売機がたくさんあることは、日本は平和で安全な国なんだなあとしみじみ思いました。

マンゴーのはちみつ南スーダンのはちみつのご購入はこちら

      ↓

オフィス五タラントのフェアトレードはちみつ

世界で年間250万人が死産になるという現実

f:id:gotara:20150611231425j:plain

こんにちは、水野です。

日本では少子化が加速している傾向がありますが、世界中で年間250万人が死産になるという報告を国連人口基金(UNFPA)はおこなった。

原因はリプロダクティブ・ヘルス・サービスや自主的な家族計画へのアクセス不足のために妊婦も30万が亡くなっているそうだ。

allafrica.com

生まれて1年以内に亡くなる赤ちゃんは300万人だそうだ。

日本ではJICAボランティアの中に助産師の資格を持っている隊員が世界中で働いている現実もある。

大切なのは正しい情報をいかく効率的に伝えるか? 女性は学校を中退されられて強制結婚している場合も途上国では多い。教育水準も高くない女性達やその家族にいかに伝えることが大切かということだ。

 

1歳未満のお子様には与えないでください)
マンゴーはちみつ、南スーダンはちみつのご注文は↓
http://www.5talents.jp/

 

ナイジェリアで食料支援のお米を販売して地方高官らを逮捕

こんにちは、水野です。

f:id:gotara:20170505214735p:plain

ナイジェリアのボルノー地域で外国支援者からの資金で購入した貧困者に配布するお米を盗み、転売した容疑で地方高官らを逮捕した。

allafrica.com

逮捕されたのはマファ地方政府地域の首席首相ウマル・イブラヒムと、同じ地方自治体の地方政治家アリ・ザンゲベである。

裁判では懲役2年と120万の罰金に課せられた。

という記事です。

アフリカでは実は高官らが転売するケースは結構話に聞くのでそんなに珍しい話ではないけれど、実際にそれがバレで逮捕されたということは、ナイジェリアもやるなーと関心してしまいました。

最貧国の支援でよくこのようなケースがある。その場合本当に対象者に資金がまわっているのかを確認する必要があります。

 

1歳未満のお子様には与えないでください)
マンゴーはちみつ、南スーダンはちみつのご注文は↓
http://www.5talents.jp/

 

吉野家の菅田スペシャルを食べてみた

こんにちは、水野です

f:id:gotara:20170504182128j:image

今日のランチは吉野家で食べようと

f:id:gotara:20170504182213j:image

有楽町駅前の吉野家はここが1号店で

f:id:gotara:20170504182309j:image

数メートル先に2号店があります。

今日は1号店が空いていたので、入りました。

そして注文です。

すぐ来ました。

f:id:gotara:20170504182429j:image

牛丼並と卵と青ネギとキムチです。

卵は黄味のみ使用で、全部入れて、

実食します。

f:id:gotara:20170504182552j:image

まぜまぜします。

これは結構うまいのでは?

f:id:gotara:20170504182623j:image

これで並が580円なら納得です

ただし、7日の日曜日までなので、食べたい人は早めにどうぞ

 

1歳未満のお子様には与えないでください)
マンゴーはちみつ、南スーダンはちみつのご注文は↓
http://www.5talents.jp/

 

 

 

大切なものを得ることほど時間がかかる

f:id:gotara:20161126002418j:plain

こんにちは、水野です。

5月に入り、慌ただしい日を過ごしています。GWは有楽町で販売です。

若い頃、一人前になるのに10年かかるということを先輩方から聞いたことがあります。しかし、現在は環境の変化が変わるので、ひとつのビジネスを大成するのに10年は長過ぎるとか私は思っておりました。

しかし、この年になって、この10年で一人前というのは理解できるようになりました。どのような解釈かというと、「10年たつと多くの人から信用される」ということが一番言えることではないかなあとおもいます。

私がマラウイハニーを販売した2008年当時は営業にいっても断られることが多くて、結構大変でした。しかし、5 年たち、都心のマルシェに進出することができるようになり、今年10年目を迎えますが、やっと信用されて来たのかなあと思います。

私はアフリカの途上国との取引をしておりますと、彼らは日本に売れば、かならず儲かるという妄想があります。しかし、すぐに売れる訳ではなく、お客様が購入するまでに時間がかかるわけです。そのタイムロスを説明し、彼らが理解してもらうことはとても大変です。でも、これは理解してもらうしかありません。特に中堅国家の人たちは自分の商品にとても自信があり、日本でもすぐ売れると思う人がおおいので、このことを理解してもらうことがとても大切です。

このことは起業する人たちは本当に大切なことだと思います。

 

1歳未満のお子様には与えないでください)
マンゴーはちみつ、南スーダンはちみつのご注文は↓
http://www.5talents.jp/

 

アフリカ タンザニアが豆輸出に本腰か?

f:id:gotara:20170428140905p:plain

こんにちは、水野です。

アフリカでも結構お米と同じように食べられている物。それは豆です。マラウイ等にいくとシマと豆が出てくるケースが多いです。

その中でタンザニアでは豆の輸出国として勢力を伸ばしています。

allafrica.com

タンザニアが現在輸出している国はウガンダ、マラウイ、ルワンダ、ブルンジ、モザンビーク、ジンバブエ、南アフリカ、コンゴ民主、ザンビアなどに輸出している。

アメリカでは日本にお米の指導をしているが、こんごはお米以外の豆等の穀物の指導も必要ではないかと思います。

 

1歳未満のお子様には与えないでください)
マンゴーはちみつ、南スーダンはちみつのご注文は↓
http://www.5talents.jp/