読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

アフリカが注目するTICAD(アフリカ開発会議)

アフリカ 国内

f:id:gotara:20160826214441p:plain

こんにちは水野です。いよいよ8月27 日28日、TICAD(アフリカ開発会議)が始まります。日本から多くのアフリカ関係者が開催地であるケニアのナイロビに到着している事と思います。私も去年の12月にアフリカ開発会議の事例として横浜で講義をさせて頂きました。

 

gotara.ldc-honey.com

 前回は2008年で本来は5年ごとに開催の予定でしたが、中国に対抗して3年に一度に変更されて今回はアフリカのケニアナイロビで開催される運びになったそうです。

アフリカのニュースでははやりこの会議は注目されています。アフリカの多くの大統領がナイロビに到着するニュースを見るたびに日本の経済的、政治的、国際貢献の影響を見る事ができると思います。

allafrica.com

ケニアのアフリカ開発会議はアフリカで大きな注目を浴びている会議ですのでその成果が今後は問われる事になります。

 

マンゴーバオバブマサイの蜂蜜のご注文はこちら



マラソン銀メダリストはなぜオリンピックに政治的行為をしたのか

こんにちは、水野です。

昨日でオリンピックが終わったそうで、4年後のオリンピックは東京ということで、安倍首相がマリオの格好をしてレセプションをしたそうで、なんか違和感がありましたが、皆様いかがかおすごしでしょうか?

f:id:gotara:20160822190341j:plain

www.cnn.co.jp

今回オリンピックに関心がない私がとても注目したのはこのニュースです。エチオピアにかぎらす、アフリカの国々には多くの民族が共存していますが、エチオピアの反政府の民族が政府から弾圧しているということを世界にアピールできました。

しかしながら、ネットの時代にこのような日本人からすれば時代おくれと感じるかもしれない方法で彼はアピールしたのでしょうか?

f:id:gotara:20160822191218j:plain

Africa by Country Internet Stats and 2016 Population

アフリカの多くの国は独裁国家だと思います。エチオピアもその傾向があるのかもしれません。しかし、なぜ特に最貧国に独裁国家が多いのかという大きな理由の一つにインターネットの普及率がとても低いという事が挙げられるのではと個人的には思います。世界全体のインターネットの普及率は9.4%といわれています。その中でも最貧国は軒並み普及率は低いです。

日本人にとってインターネットの情報の拡散の勢いにより世論を帰る事ができる事は理解している人が多いと思います。しかし、最貧国で普及率10%以下の国では特に政府などが情報を統制ができるので一般市民はおろか世界中に拡散する事はかなり困難を極めると思います。私の推測ではだからこのマラソン銀メダリストはそのような行為をしたと思われます。

勿論ネットも情報を統制する事はできな事はないと思いますが。しかし、アフリカの一つの問題である民族の問題をオリンピックは利用されてしまったことはとても残念ではありますが

 

マンゴーのはちみつバオバフのはちみつマサイ族の蜂蜜のご注文は

オフィス五タラントのフェアトレードはちみつ

人と比較させて熱心に奉仕させる教会

キリスト教 日常 国内

f:id:gotara:20151110210746j:plain

こんにちは、水野です。

クリスチャンにとってデボーションは日々大切なもので、その手の本を結構見る事ができます。でも、ネットの時代にデボーションの情報が無料で選べる時代になりその中でデイリープレットというものをブログやfacebookから見る事ができます。

http://japanese-odb.org/

8月19日の内容は「比べずにいられない」というテーマでした。私達人間は優越感や劣等感を持ちやすく、人と比べる事で安心したら、心配になったりする傾向はあると思います。私もその傾向が強いなあと思います。

その中である教会を思い出しました。それは、沢山奉仕したり、沢山献金する人を持ち上げて、「みなさん、この兄弟、姉妹のようにたくさん献金しましょうね。たくさん奉仕しましょうね。そうすれば祝福がきますからね」と、そして、長老だの執事などの役職を強調してそのように奉仕をすればこのようなすばらしい役職を与えますよと

そして、救われたばかりの熱心なクリスチャンの中には優越感をくすぐるためにそのような役職を目指す為に教会に奉仕やたくさんの献金をさせようとするシステム。

私は10代のときに救われた。自分は無価値な人間だと思っていたが、最初に通っていたアメリカ空軍基地の軍人さんが多い教会で私に自信を与えてくれたように思える。

次の地元の教会に通っていたときもアメリカ留学帰りの日本人牧師であったが、私の人柄を理解して奉仕をさせていただいたときも自分自身に自信と「自分にとって神様はどのように用いられるのか」ということを考えさせて頂いたと思っている。

教会とは色々な側面があると思うが、そのひとつとして自分の働きは何か?ということを理解してそれを社会に適応するトレーニングの場所ではないかと思う。

それから何十年かたって日本のいくつかの教会はただ奉仕をして、教会が大きくなって、その牧師が崇めることが重要視していく傾向があるように思えてならない。

 

マンゴーのはちみつバオバブのはちみつマサイ族の収穫したはちみつのご注文

キリスト教弟子訓練は今の時代に合わない

キリスト教 日常

f:id:gotara:20151110210746j:plain

こんにちは、水野です。

この頃、キリスト教の話題が多いですがお許し下さい。

今から10年位前から福音派を中心に「弟子訓練」というトレーニングシステムが流行りました。これは、表向きはイエスキリストの弟子を育てるという名目でありましたが、多くの牧師は「教会の指導者に従順である信徒の育成」のために使っていたように思います。出所の多くのは韓国の教会を初め、アジアの中華系の教会のものを日本に持って来たように思います。

実はこの弟子訓練というシステムはマスメディアの時代には、とても有効なシステムであったと思います。一人の強いリーダーシップに従う姿勢は情報が一部に集中している時代にはわかりやすく、導入しやすいキリスト教の教育システムであったと考えます。

しかし、SNSの時代となり、個人が自由に情報を流す事のできる時代になると情報などの多様化の時代は従順という概念は通用しなくなりました。強いリーダーに従順というシステムでは特に若い人たちは反発をもつことが出て来ていると思います。

表向きは教会では従順のふりをしていますが、その鬱憤を匿名でtwitterや中傷ブログに書き込む事で鬱憤をはらす事になります。

もちろん従順できるクリスチャンもいますので全く無効ではないでしょう。時代がSNSの時代になり個が力をもつときにその個の力を結集し群れをつくり個々の賜物を見抜き用いて行くシステムに変えて行く必要が新しいリーダーには必要になると思います。

これは簡単ではありません。でも、失敗しながら変えて行かないと今の高齢者が天に召された後の教会のことを考えるとと思い私の考える教会システムを書かせて頂きました。聖書と照らし合わせながら祈って行きたいと思います。

 

マンゴーの蜂蜜バオバブの蜂蜜マサイ族の蜂蜜のご注文はこちら

 

信仰と言う名の無謀

キリスト教 日常

f:id:gotara:20160106220356j:plain

こんにちは、水野です。

クリスチャン、ことにヘンテコステ、カリスマ派の方々は「信仰」という言葉が大好きです。「信仰があれば神様は祝福してくれる」とか、「信仰の次は行動する」とか、「神様に従ったら祝福される」とか、教会に通っていると良く聞く言葉です。

しかし、その信仰が無謀である場合も結構あります。よく証と言う神様がしてくれた体験談を話を聞く事があると思いますが、多くの場合は成功体験です。しかし、成功するという事は10回のうち3回あればすごいことでしょう。あのユニクロの柳井社長ですら1勝9敗といっているぐらいなので普通の凡人はそれよりも少なかったりするのでは?

だから無謀なことをしないで平凡な生活をすることが良いのかもしれませんが、しかし、今の日本で平凡な生活ができる日本人がどれだけいることでしょうか?何十年前は一流大学を卒業して一流と言われる大きな会社に入社したら一生安泰といわれていましたが、その大きな会社だって倒産して外資に買収され、正社員ですらリストラされる時代。もしかしたら信仰と言う名の無謀は時に必要なのかもしれません。

そのバランスは人それぞれ違うでしょう。それは祈りしかないのかもしれません。

 

まんごーのはちみつ、バオバブのはちみつ、マサイ族のはちみつのご注文はこちら

キリスト教の教会や宣教団体の役割

国内 キリスト教

f:id:gotara:20151224232146j:plain

こんにちは、水野です。8月に入って色々と立て込んでおりましてなかなかブログを書くことができませんでした。

小さいながら会社を経営していますと「理念」とかを考えさせれます。理念というのは色々な意味があると思いますが、企業なら「なぜ貴方の会社は存在しているか? または社会での役割は?」ということを聞かれることがあります。

そのときに私はフェアトレード蜂蜜のパイオニアの企業としてなにを生産者やお客様に提供できるのかということをとても考えて活動しています。(もちろん社会的の役割としても考えていますが)

私もあるキリスト教の宣教団体で奉仕をしておりますが、そのキリスト教団体のビジョンミッションがありましてそれを土台にして日本の宣教が前進するために私の属する団体はどのような活動をするべきなのかをとても考えています。私はペンテコステ派の影響を受けているクリスチャンなのでそれらの信仰をふまえつつ活動しています。

私は近年の日本におけるキリスト教の宣教を見ていて、召しという名前の主にあって私は社会においてどのような役割をはたすのか?という考えをもつクリスチャンが少なくなったように思います。

目の前の利益というかを優先していて働きに疑問符を持つケースや、元々の役割をしていたグループがマンネリ化して違う教えや考えが入り込み活動内容がおかしくなったグループもあるように思います。

もちろん時代は変化をしていますのでそれに適応することは大切ですが、変にずれてしまい地の塩世の光としての働きをしていないことは果たして神様によろこばれるのか?

私は疑問に感じます。

 

マンゴーの蜂蜜バオバブの蜂蜜マサイの蜂蜜のご注文は

オフィス五タラントのフェアトレードはちみつ