アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

クイーンズスモールマーケットへの駅からの行き方

いつもお買い上げありがとうございます。

クイーンモールマーケットがあるクイーンズスクエアまでの行き方です。

 

 京浜東北線の桜木町駅からクイーンズスクエアの行き方です。

大宮からや大船までの電車なので近くの方はどうぞいらしてください。

gotara.ldc-honey.com

 

 みなとみらい駅からクイーンススクエアの行き方です。

渋谷や西武線沿線、東上線沿線の方はどうぞ

gotara.ldc-honey.com

 これからのオフィス五タラントの蜂蜜をよろしくお願いします。

みなとみらい駅からクィーンズスクエア の行きかた

こんにちは水野です。東急東横線のみなとみらい駅からクィーンズスクエア への行き方です。

f:id:gotara:20191116110139j:image

改札を出ると左に向かいます。

f:id:gotara:20191116110302j:image

目の前にクィーンズスクエアの看板が見えます。赤のエスカレーターに乗り1階に行きます。

f:id:gotara:20191116110352j:image

B3から1階なので、かなりの距離があります。

1階のに着いたら、2階に行くエスカレーターがあるので、それになります。

f:id:gotara:20191116110606j:image

2階に着いたら、案内所が右側あります。

f:id:gotara:20191116110724j:image

案内所を過ぎたら、カートの群れがあるのでその中で販売しています。

 

 

 

 

 

桜木町駅から、クィーンズスクエア への行き方

こんにちは、水野です。

京浜東北線の桜木町駅からクィーンズスクエア の行き方です。

f:id:gotara:20191116104133j:image

電車を降りたら、階段もしくはエスカレーター、エレベーターで下に降ります。そうしたら、北改札の方向に向かいます。

f:id:gotara:20191116104247j:image

改札を通ったら、右側、東口に行きます。

f:id:gotara:20191116104337j:image

外に出たら、歩く歩道に向かいます。

f:id:gotara:20191116105457j:image

歩く歩道の道なりに進みます。ランドマークプラザの建物の中に入ります。

f:id:gotara:20191116105626j:image

中に入ったら、右側に進みます。

f:id:gotara:20191116105736j:image

突き当たりにエスカレーターがあるので、下に降ります。

f:id:gotara:20191116105827j:image

下に降りましたから、クィーンズスクエア の建物が目の前にあるので、中に入ります。

f:id:gotara:20191116105926j:image

そのまままっすぐ行くと、カートの群れがあるので、その中で販売しています。

 

 

 

 

3年ぶりに大阪に行ったら、驚いた

11/5に大阪にウガンダ 総領事館が開所するので、参加するために3年ぶりに大阪を訪問した。そして驚いた。

 

まず、新幹線で大阪に向かったが、車掌と販売員以外に警備員が新幹線の中を巡回していた。

f:id:gotara:20191106010529j:image

次に大阪に着いたら、なんと、ホームドアがロープだった。

f:id:gotara:20191106010616j:image

乗る時にはロープが上に上がるので、まったくもって問題はない。

f:id:gotara:20191106010703j:image

大阪知事が若い。

そして話題が大阪万博

ちなみに東京はオリンピック。

私はあることに気づいた。それは、2025年は多分日本でTICAD9を開催すると思う。

しかし、大阪万博も開催される。大きな国際イベントが2つもある。

もしかしたら、大阪万博の会場でTICAD9を開催するなんてことがあったら、どーすんだろう。

【悲報】ソマリアのキャッシュレス事情を聞いて、日本は世界から取り残されていると心配になった

f:id:gotara:20191102233554j:image

11月1日にソマリア🇸🇴のモハマットイブラハムさんが、お店にやってきた。彼はTICAD7の時に弊社のブースに訪問してくれて、最初はソマリアの農民にマラウイの蜂蜜が日本で売れていることを知ってもらうことで、彼らを励ましたいという話していました。

私はだったら、ソマリア🇸🇴の蜂蜜をうちに送ってくれたら、試食して、良かったら日本で売るよと言ったら、現地の農民に話してみるということで、話はそれで終わりました。

それから、1ヶ月ほどして、彼から連絡があり、ソマリア蜂蜜の試食品を日本に送りたいというので、ドバイから送ってくれました。

味も中々良いので、日本で売るための手続きを考えていたところ、彼から日本に来るので、会いたいと言うので、会うことにしました。

そして、彼にあったわけですが、一つの疑問がありました。モバイル会社のイブラハムさんが、何故、農民とつながりがあるのか?

彼の答えは、ソマリアはインターネットが急速に発達して、特にキャッシュレスがソマリアの農村まで浸透しており、スマホを持っていないと、生活ができなくなっているそうだ。だから、モバイル会社のイブラハムさんは農民との関係があるのだそうだ。

ソマリアは海賊と内戦のイメージがあったが、もちろん、首都は時々内戦があり、戦闘で空港から外に出れない日が何日もあるらしい。

しかし、ソマリアの地域も戦闘がかなり減って、平和な地域もあるので、そこは問題なくいけるらしい。(ソマリランド以外)

そして、ソマリアが発展していくためには、産業を活性化したいと話していました。

彼は19歳でオーストラリアに行き、そこでオーストラリア国籍を取得していて、家族もオーストラリアに住んでいるが、ビジネスはドバイを中心に展開をしている。何故ドバイと聞いたら、アフリカでビジネスするにはドバイが一番やりやすいらしい。そういえば、他のアフリカ人もドバイはビジネスを展開していることを思い出しました。

ソマリアは政府が不安定で、紙幣も信用ならないので、キャッシュレスが発達したと話している時に、日本がなんか世界から取り残されていないか心配になりました。