読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

ヨーロッパ内に乗り入れ禁止する航空会社アフリカ勢はどのくらい!?

こんにちは、水野です。

ヨーロッパ共同体(EC)は、ヨーロッパ内に乗り入れを禁止する航空会社のリストをアップデートした。

乗り入れが禁止されているのは、アフガニスタン、アンゴラ、ベニン、コンゴ民主共和国、ジブチ、赤道ギニア、エリトリア、ガボン(4社除く)、インドネシア(制限下の2社除く)、カザフスタン、キルギスタン、リベリア、リビア、モザンビーク、ネパール、サントメプリンシペ、シエラレオネ、スーダン、ザンビアの全航空会社と、エア・アスタナ、アフリジェット、SN2AG、高麗航空、エアサービスコモール、イラン航空、TAAGアンゴラ航空、エアマダガスカルの8社。ガーナの存在しない航空会社は削除された。

2010年から乗り入れが禁止されていたフィリピンの航空会社は、乗り入れが解禁された。

www.traicy.com

アフリカ勢はアンゴラ、ベニン、コンゴ民主共和国、ジブチ、赤道ギニア、エリトリア、ガボン(4社除く)リベリア、リビア、モザンビーク、サントメプリンシペ、シエラレオネ、スーダン、ザンビアの全航空会社となっている。

意外に少ないというイメージがあります。途上国の経済成長は注目ですが、まだまだ航空会社までの発展は時間がかかりそうです。