読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

5歳児未満の死亡、6割がアフリカとアジア一部に集中している事実

 

f:id:gotara:20150620235456j:plain

こんにちは、水野です。

アフリカは急成長している国が多いということを耳にすることがありますが、まだまだ飢えや貧困で乳幼児の多くが亡くなる国も存在するのも事実です。

 

11月11日 AFP】昨年に5歳未満で死亡した世界の子ども590万人のうち、60%がアフリカとアジアのわずか10か国に集中していることが、11日に発表された研究で明らかになった。

 

 英医学専門誌ランセット(Lancet)に掲載された研究によると、10か国のうちアンゴラ、コンゴ民主共和国、エチオピア、ナイジェリア、タンザニアのアフリカの5か国では、肺炎が死因の1位だった。

 バングラデシュ、インドネシア、インド、パキスタンでは、早産による合併症が死因1位で、世界全体でもこれが最も多い。一方、中国では出生異常が5歳以下の死因の大半を占めていた。

 国連(UN)の「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」では、2030年までにすべての国で5歳未満児の死亡率を1000人当たり25人以下にすることを目標にしているが、これを達成するためには「子どもが生存するための投資の加速が不可欠だ」と研究論文は指摘している。

 研究によると、アンゴラや中央アフリカ、チャド、マリ、ナイジェリア、シエラレオネ、ソマリアなどでは1000人当たり90人が5歳未満で死亡している。

 研究チームは、こうした国々で子どもの死亡を防ぐために「母乳による育児、肺炎やマラリア、下痢を予防するワクチンの提供、水質や公衆衛生の改善を進めること」を提言している。

 世界全体の5歳未満児の死亡数は、2000年と比較して400万人減少したという。

 この研究には、世界保健機関(WHO)と米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」が資金提供した。(c)AFP/Mariëtte Le Roux

 

www.afpbb.com

死亡率は2000年と比べて400万人減少していることはとても素晴らしい事ですが、アンゴヤや中央アフリカ、チャド、マリ、ナイジェリアなどの国の乳幼児が死亡している事実を見ると、一つの共通点があります。それは、

児童婚が多い国

です。

児童婚が多い国ベスト10です。

10位:モザンビーク共和国(アフリカ南東)・・・48%

9位:マラウイ共和国(アフリカ南東)・・・50%

8位:ブルキナ共和国(西アフリカ)・・・52%

7位:南スーダン共和国(東アフリカ)・・・52%

6位:ギニア共和国(西アフリカ)・・・52%

5位:マリ 共和国(西アフリカ)・・・55%

4位:バングラデシュ(南アジア)・・・65%

3位:チャド共和国(アフリカ中央部)・・・68%

2位:中央アフリカ共和国(アフリカ中央部)・・・68%

1位:ニジェール共和国(西アフリカのサハラ砂漠南)・・・76%

 

suzie-news.jp

児童婚は女性の成長に影響し、妊婦の死亡率は成人女性の2倍になるといわれております。この児童婚と乳幼児の死亡がリンクしていると個人的には思います。

貧困を打破するためのひとつは養蜂です。蜂蜜をとることが貧困を打破する一つの解決と思っています。

マンゴーはちみつ、マサイ族のはちみつのご注文はこちら

 ↓

オフィス五タラントのフェアトレードはちみつ