読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカで大の字

フェアトレードはちみつの日本でのパイオニア 零細企業のおやじのつぶやきです

あなたの業界はあなたの企業をこれからも救えますか?

f:id:gotara:20150510093118j:plain

 

こんにちは、水野です。

私が仕事柄よく経営者と話す機会があります。特に中小企業の経営者の口ぐせで多いのは「うちの業界が・・・」というフレーズです。多くの経営者は自分の所属している業界の位置や役割を気にしているのを目にする事があります。まして衰退産業の中には一部の権力がある業界のリーダーがおいしい仕事を独占して新規参入を受け付けないなんてことも聞いた事があります。

 しかし、会社が成長している異業種の経営者の中にはあえてそのような衰退産業に進出することがあるそうです。端から見ると参入する隙があるように見えないのですが、彼らが進出してから何年もしないうちに老舗の企業を押さえてシュアを独占に近い状態にすることがあります。

なぜか?

それは老舗の企業は今まで独占状態に居て業界のルールや常識のみに頼っていればよかったのですが、異業種の会社は今までに無い斬新かつインパクトな戦略や商材、サービスを行うことで、お客さんが異業種の企業に関心が集まります。老舗の企業が異業種の会社以上の戦略やサービスや商材を提供できる訳がありません。なぜなら彼らは競争した経験が乏しいのですから、できることはそれを妨害することしかできません。しかし、それは現在の多様な販路拡大の方法がある時代では妨害をしてもそれほど効果がありません。結果的に異業種の会社がその業界を塗り替えてしまう事が結構あります。

一昔前は業界にいたら安泰だったのは事実です。しかしなから、時代は群れから個の時代です。企業ひとつひとつがどれだけ、会社の理念や存在価値を土台にしつつ、今の時代にどのようにお客様のニーズに対応して行くか、とても大切な事ではないかと思います。

私が仕事柄よく経営者と話す機会があります。特に中小企業の経営者の口ぐせで多いのは「うちの業界が・・・」というフレーズです。多くの経営者は自分の所属している業界の位置や役割を気にしているのを目にする事があります。まして衰退産業の中には一部の権力がある業界のリーダーがおいしい仕事を独占して新規参入を受け付けないなんてことも聞いた事があります。

 しかし、会社が成長している異業種の経営者の中にはあえてそのような衰退産業に進出することがあるそうです。端から見ると参入する隙があるように見えないのですが、彼らが進出してから何年もしないうちに老舗の企業を押さえてシュアを独占に近い状態にすることがあります。

なぜか?

それは老舗の企業は今まで独占状態に居て業界のルールや常識のみに頼っていればよかったのですが、異業種の会社は今までに無い斬新かつインパクトな戦略や商材、サービスを行うことで、お客さんが異業種の企業に関心が集まります。老舗の企業が異業種の会社以上の戦略やサービスや商材を提供できる訳がありません。なぜなら彼らは競争した経験が乏しいのですから、できることはそれを妨害することしかできません。しかし、それは現在の多様な販路拡大の方法がある時代では妨害をしてもそれほど効果がありません。結果的に異業種の会社がその業界を塗り替えてしまう事が結構あります。

一昔前は業界にいたら安泰だったのは事実です。しかしなから、時代は群れから個の時代です。企業ひとつひとつがどれだけ、会社の理念や存在価値を土台にしつつ、今の時代にどのようにお客様のニーズに対応して行くか、とても大切な事ではないかと思います。